遺言書作成のことなら、相模原の司法書士いずもと総合事務所にお任せください。

公正証書遺言、自筆証書遺言の作成

遺言書作成の相模原相談室

〒252-0303 神奈川県相模原市南区南台3-13-15 第3タカビル3階

受付時間:9:00~17:00(土日祝もご相談をお受けしております)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問い合わせください

042-702-9120

遺言書でできること

1.相続分の指定 

法定相続分と異なる割合で相続分を指定することができます。 

  

2.遺産分割の禁止 

遺産分割を、5年を超えない期間内に限って禁止することができます。 

  

3.遺贈 

相続人以外(相続人でも可)の人に遺産を死亡時に贈与することができます。 

  

4.遺留分減殺方法の指定 

相続人から遺留分減殺請求があった場合に、減殺の順序と割合を指定することができます。 

  

※遺留分とは 

民法では、法定相続人に対して最低限の相続分を保証しています。これを「遺留分」といいます。遺留分の権利を有する可能性があるのは、法定相続人となった場合の直系尊属(父母、祖父母)、配偶者、子です。兄弟姉妹が法定相続人となる場合、兄弟姉妹にはこの権利はありません。 

  

※遺留分減殺請求とは 

遺言によって、自身の遺留分を侵害された場合、侵害している部分を返してほしい、と請求することができます。これを遺留分減殺請求といいます。 

  

5.相続人間での担保責任の指定 

相続人間で遺産が分割された場合に、その取得した財産に不足や欠点が見つかった時は、各相続人はお互いに補いあう責任があります。これを担保責任といいます。この担保責任を、遺言により免除したり、軽減または重くしたりすることができます。 

  

6.遺言執行者の指定 

遺言執行者とは、相続人に代わって、遺言の内容をそのとおりに執行する者です。 

  

7.未成年後見人の指定 

遺言者の死亡により、未成年者に親がいないこととなる場合、その財産を管理する後見人を指定することができます。 

  

8.後見監督人の指定 

上記後見人が、その役割を果たしているかどうかを監督する後見監督人を指定することができます。 

  

9.認知 

遺言によって認知することができます。 

  

上記以外にも、財団法人の設立や相続人の廃除、その取り消し等があります。

 

ご質問・ご相談はこちらから

    お気軽にお問合せください

 

お気軽にご相談ください

042-702-9120

電話受付時間

平日8:30~20:00/土日8:30~17:00

メールは毎日24時間受け付けております。

当司法書士事務所の業務対応地域は下記の通りです

<神奈川県>
相模原市、座間市、大和市、海老名市、その他神奈川県全域

<東京都>
町田市、八王子市、多摩市その他東京都内全域、
小田急線沿線各地域(相模大野、東林間、中央林間、鶴間、大和、小田急相模原、相武台、座間、海老名、町田、玉川学園等)
横浜線沿線各地域(町田、古淵、淵野辺、矢部、相模原、成瀬、長津田、十日市場、中山等)

お問い合せフォームはこちら

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

042-702-9120

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

事務所概要はこちら

事務所紹介

相模原の司法書士
司法書士
いずもと総合事務所

代表者名:泉元 周一

住所

〒252-0303
神奈川県相模原市
南区相模大野3-13-15
第3タカビル3階

電話受付時間

平日:8:30 ~ 20:00
土日:8:30 ~ 17:00
土日も営業しております。
メールは毎日24時間受け付けております。

ご連絡先はこちら

042-702-9120

042-702-9196

izumoto@cap.ocn.ne.jp

事務所紹介はこちら

お問合せフォームはこちら